Skip to content

イギリスのコイン

15/08/2005

どこの国でもそうだと思うが、日常生活に小銭は必要不可欠である。イギリスでも例外ではなく、ちょっとした買い物などを現金でする時には、小銭が必ず登場する。しかし、この時に使うコインの種類を覚えることは、外国人にとってはほんの少し面倒である。


例えばスーパーで買い物をして、レジで “2 pounds 42 pence, please” と言われたとする。僕は小銭をいっぱい持っており、なんとか小銭で支払いたい。小銭で支払うためには、僕は以下の処理を行わなければならない。
1. 手持ちのコインの中で、どのコインがいくらなのかを瞬時に判断する
2. 支払いに必要な金額が、手持ちのコインの組み合わせで可能かどうかを判断する
まだどのコインがいくらかを把握していない僕は、まず1.のステップから取りかかる。えーと、このコインはいくらだっけ。あ、そうだ。2ペンスだ。
しかし、そこはスーパーのレジである。目の前には店員がじっとこちらを見ながら立っており、後ろにはこれから支払いをするためにたくさんの人が列をなして黙ってこっちを見ながら自分の順番を待っている。無言のプレッシャーがヒシヒシと僕に押し寄せる。後ろの若者が舌打ちをしたような気がする。その後ろの老夫婦が何か小声でヒソヒソ話しているような気がする。
えーと、このコインは・・・。あー、もういいや。
次の瞬間、僕は10ポンド札を店員に渡している。こうして僕は、2ポンドのコイン3つと、1ポンドのコイン1つと、20ペンスのコイン2つと、10ペンスのコイン1つと、5ペンスのコイン1つと、2ペンスのコイン1つと、1ペンスのコイン1つのお釣りをもらい、僕の手元にはまたコインが増えて行く。
さて、なぜ、僕の手元にはコインがたまってしまうのだろうか。一つの原因は、上の例でわかるように、単に上記の1.のステップを瞬時に行うことができないことである。そこで、なんとかこのステップを早くするために、ちょっと勉強してみよう。
イギリスでは、現在8種類のコインが使われているようだ。以下の写真の上段左から、2ポンド、1ポンド、50ペンス、20ペンス、下段左から10ペンス、5ペンス、2ペンス、1ペニーである。

まず、1ポンドと2ポンドは簡単である。この2つは他のコインに比べて厚みが全然多い。2倍くらいあるかもしれない。その厚いコインのうちの大きい方が2ポンド、小さい方が1ポンドである。
次に、50ペンスと20ペンス。この2つは円形ではなく、やや丸みを帯びた八角形をしている。そのうちの大きい方が50ペンス。小さい方が20ペンス。
次に、10ペンスと5ペンス。この2つは銀色をしている。50ペンスと20ペンスも銀色であるが、10ペンスと5ペンスは丸い。このうちの大きい方が10ペンス、小さい方が5ペンス。5ペンスは8つの中で一番小さい。
最後に、2ペンスと1ペニー。この2つは銅色をしている。大きい方が2ペンスで小さい方が1ペニー。
なんだ。こうやって調べてみると、すごく簡単である。これをマスターしてしまえば、上記の2.のステップはそんなに難しくはない。ただ、日本と違って、2ペンスと20ペンスがあるために、組み合わせの総数が若干増える可能性がある。その辺に注意すれば良い。
最後にスーパーのレジで見かけた全く別の解決策を。ある老紳士が支払いをしていて、店員が「いくらいくらです。」と言うと、その老紳士はおもむろに手持ちのコインを手のひらに全部乗せ、店員の前にズイッと差し出したのである。店員はその手の上のコインの中からヒョイヒョイと必要なコインをつまみ上げ、無事支払いが終了した。これも素晴らしい支払い方法である。つまり、僕も同じことをすれば、手持ちのコインを増やさなくて済むわけである。
しかし、イギリスで生活していく上で、どのコインがいくらかということくらいは瞬時に判断できた方が便利だろう。したがって、やはり僕は頑張ってコインの種類を覚えることにしよう。

広告
3件のコメント leave one →
  1. 24/08/2005 22:26

    コメントありがとうございました。
    stemyさんはもうイギリスなんですね!
    やっぱり小銭はやっかいですよね(笑)
    でもすごく分かりやすい覚え方を紹介して
    くださって、ありがとうございます〜。
    わたしもがんばって覚えます!
    小銭といえば…、以前ロンドン三越に
    行った時、小銭を増やさないために、
    少し多めに払っておつりを1コインでもらおうと
    思ったのですが、「これはいりません」って
    返されてしまったことが印象的でした…。

  2. 通りすがり permalink
    03/10/2013 04:07

    通りすがりです。
    20ペンスと50ペンス、8角形ではなく7角形ですよ。
    ルーローの多角形ですので、奇数角になります。
    お邪魔しました。

    • 03/10/2013 23:30

      通りすがりさん、その通りですね。ご指摘どうもありがとうございます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。